2017年10月13日。
大蔵海岸のチニング(チヌのトップゲーム)もそろそろ最終盤戦ですが、まだその辺をうろついているチヌの姿も見えるようです。

今年は52cmの年無しをはじめ、なかなか良い思いをさせてもらいましたが、もう少し遊ばせてもらおうとトップルアーを持って大蔵海岸へ出かけました。(^^)

潮汐表
 
潮・・・小潮2日目
水温・・・22.8度
天気・・・くもり
風 ・・・北の風やや強し
時間・・・5時~7時半
 
チヌのトップゲームは明るくなってからなので、ゆっくり目の5時に現地入りした。

暗いうちはシーバスでも来ないかと、タックルを用意して最初に結んだルアーはアイマ モルモ80 ピンクイワシカラー。デッドスローリトリーブで水面に引き波を立てながら泳ぐルアーだ。

こいつをキャスト&リトリーブしながら夜明けを待つ。

今日はくもりなので夜明けも少し遅い。ようやく足元の水面がライト無しでも見えるようになってきた6時前にルアーチェンジ。

本番のトップバッターは、このところぼくの信頼度No.1のルアーになりつつあるラパラ(ストーム)ブーツ120。カラーはチャートバックホロだ。

こいつをフルキャストし、まずショートジャークを一発かます。ブーツは水しぶきとポップ音を上げ、泡をまとって水面下にダイブする。

そのままデッドスローでリトリーブ。水面に引き波を立てつつ、ここぞと思うポイントでショートジャークを入れる。

しばらくブーツを投げていたが魚からの反応はない。

くもりで薄暗く、北風がやや強いので海面も少し波立っていて海の中もはっきりとは確認できないが、ベイトフィッシュの影もなければボイルもない状況だ。

ここでメガバス ジャイアントドッグX SW GLX クリスタルレッドヘッドカラーにルアーチェンジする。

体高のあるボディを横倒しにしながらのドッグウォークと、フロントフックの少し前に入っているタングステン球によるラトル音がアピール抜群のペンシルベイトだ。

昨夏の沼島釣行ではこいつのGG ヒートイワシカラーがペンペンシイラに大好評を博したが、なぜか大蔵海岸ではあまり釣果に恵まれていない。

こいつをフルキャスト。まだあまり明るくないということと相手がチヌということで、タ~ン、タ~ン、タ~ンというゆったりとしたスケーティングをさせる。

だが海は静かなままだ。

ルアーをフルキャストする。今度はやや早めのドッグウォークでアピールを強めてみる。

やはり海は静まり返っている。

3度目のフルキャスト。こんどはダイビングアクションを試してみる。

もちろんジャイアントドッグX SWはダイビングペンシルではないが、優しくジャークすればたいていのペンシルベイトはダイビングアクションをしてくれる。

“優しく”というのがキモで、普通のダイビングペンシルを操作するように強くジャークするとルアーは水面を滑るだけになってしまう。(これはこれでアピールになって良いとは思うが)

ワンジャーク。ルアーが水面を滑る。

少し力を抜いてツージャーク。今度はきれいにダイブした。

スリージャーク。

で、ルアーの後ろの水面が盛り上がり、静まり返っていた海に突然水柱が立った。

一瞬遅れてロッドに衝撃が伝わる。

ロッドを立てると魚は一気に底へと潜りだした。ロッドはなかなか良い感じで曲がっている。

時折ガンガンと頭を振りながら魚は底へ底へと走っていく。しかしドラグを引き出すほどではないし、先日のシーバスほどの重量感も感じない。

頭を振る引きと言い重量感と言い、本命のチヌに違いない。

手前の敷石にだけ気を付けてゆっくりポンピングしていると魚が浮いてきた。

やはりチヌだ。

水面まで浮かせ、空気を吸わせて魚を弱らせる。そのまま足元まで寄せてきてタモを下ろす。

魚は水面でバタンバタンとチヌ独特の平打ちを繰り返していたが、無事タモ入れに成功することができた。
 
チヌ

これもルアーの後ろから喰いつくチヌ独特のルアーへの喰いつき方で、ジャイアントドッグX SWのテールフックの1本が右のかんぬきに掛かっていた。
 
チヌ

大蔵でトップで釣れるチヌは、どれもひれピンでよく太っていて非常にきれいなチヌばかりだ。
 
チヌ

計測してみると45cm。これまた大蔵でトップで釣れるチヌはどれも40cmオーバーの良型ばかりだ。

きれいだし丸々と太っていてとっても美味そう(な見た目)だが、もちろんチヌはリリースだ。(^^; タモに入れ直して海面に下ろし、海に帰っていただいた。

大蔵海岸で実績の少なかったジャイアントドッグX SWで釣れたチヌに満足して、大蔵を後にしたのでした。(^^)
 
使用タックル
ロッド
ダイワ モアザン AGS 97M

リール
ダイワ 13セルテート 3012H

ライン
YGK よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.8号

リーダー
東レ スーパーL EX 5号

ヒットルアー
メガバス ジャイアントドッグX SW GLX クリスタルレッドヘッドカラー

なぜか大蔵海岸ではあまり活躍していなかったジャイアントドッグX SWだが、ようやく紹介することができる。動き良し、飛び良しのペンシルベイト。タックルボックスにひとつあっても損はないルアーだと思う。上のAmazonのルアーはヒートイワシカラー。沼島でペンペンシイラを連続ヒットさせたカラーです。(^^)