大蔵海岸で青物のトップゲーム ソルトスキマーで46cmのハマチ!

ソルトスキマー

2015年9月1日。
このところトップが好調な大蔵海岸
シーバス・青物・チヌ狙いで出かけました。

昨晩からの大雨と風の影響が心配ですが、
なんとか1匹、仕留めたいものです。(^^)

 

潮汐表

 

※『大阪湾海上交通センター』より

 

潮 ・・・大潮後の中潮1日目
水温・・・24.8度
天気・・・くもり
風 ・・・南東の風やや強い
時間・・・6時~7時

 

雨が上がるまで待っていたので
現地に到着したのは夜が明けた6時。
急いで仕掛けを作る。

先発ルアーはこのところいろんなものを連れてきてくれる
マングローブスタジオ マヒペン 107 ボーダーホロピンクカラー

ちょっと風があって海面が波立ち、
曇っていてローライトなこともあって
トップにはあまりいい条件とは言えない天気。

フルキャストしたマヒペンを
できるだけ海面で目立つように
強めのトゥィッチで引いてくる。

何投かしているうちにふと右手沖の方を見ると
くっきりとした潮目が上げ潮に押されるようにグングンと近づいてくる。
よ~く見ているとその潮目の中に2か所、海面に黒い塊ができている。

ベイトボールか?

そう思いながらじっと見ていると、単発ではあるものの
潮目に沿ってあちこちでボイルが出だした。

これは何だかいけそうな気がする~♪

ということで急いでポイントを移動。

そこで海面を観察すると、沖を走る潮目と
手前を走る潮目の2本の潮目があり、
それぞれの潮目に沿った場所でボイルが出ているようだ。

さらに良く見てみると、フィッシュイーターの攻撃で傷ついたと思われる
おびただしい数のカタクチイワシかウルメイワシかが海面をピロピロと
力なく泳ぎ・逃げ惑っている。

さっき見えた黒い塊はやはりこいつらのベイトボールだったようだ。

と、そうこうしているうちにもボイルはあちこちで起きている。
沖を走る潮目にはギリギリルアーが届くか届かないかというところだが
手前の潮目は十分狙える距離である。

遠くまで飛ばすことができてカタクチイワシがベイトとなれば
やっぱりルアーはソルトスキマーでしょ!

ということでマヒペンからアイマソルトスキマー
マサピンカラーに結び変えた。

とりあえず沖の潮目に向けてルアーをフルキャスト。
ギリギリ届いてくれる。

そこから海面をパニックアクションでルアーを引いてくる。
と、近くを通りかかったカモメがルアー目がけて急降下!

お前とちゃう、ちゃう!!

心の中でそう言いながら大急ぎでルアーを回収。
その最中にもまたボイルが起こる。

やみくもにルアーを投げるよりもボイル打ちをするのが正解か?

そう思って沖の潮目と近くの潮目を視野に入れ、
ボイルが起きるのを待つ。

右手沖でボイルが出た。
ルアーをフルキャストするがちょっと届かない。
急いでルアーを回収して次のボイルを待つ。

今度は正面沖でボイル。
ルアーをフルキャスト。
今度はボイルの位置まで届いたが魚の反応はない。

やや左手・沖でボイル。
フルキャスト。

出ない。

さすがにこれだけベイトが多いとルアーを喰わせるのは難しいか。

そんなことを考えていたら、
左手前20メートルほどの波止際でボイルが出た。

ルアーを丁寧にキャスト。
ボイルの出た少し向こうに落とすつもりだったが
ドンピシャのところに落ちてしまった。

距離がないだけに誘える時間も短い。

失敗したか。

そんな考えが頭をよぎると同時に
ロッドを持つ手は細かくトゥィッチを入れていた。

1回、2回、ルアーが首を振った次の瞬間、
小さな水しぶきとともにルアーの下で青白い魚体が反転した。

ルアーが海中へと消える。
ロッドを立てる。
魚が頭を振っている感触が手元に伝わってきた。

アワセを入れてやり取りに入るがそんなに引きは強くない。
水面下で反転した魚体もそんなに大きくはなかった。

小さいシーバスか?

そう思っていたらいきなり魚が底へと突っ込みだした。
スピードと重量感。

青物のようだ。

先日のメジロと同様、すぐ近くでかかったので魚の引きはダイレクトだ。
しかし少し強めに締め込んでいたドラグが滑る様子はない。

魚が弱るまではじっとロッドでためる。
と、底へと潜っていた魚が今度は左に走り出した。

左は波止の曲がり角。
角を回り込まれるとラインが擦れて一巻の終わりだ。

ラインの角度を見て角までの距離があるかを確かめようとするが
逆光気味でラインがよく見えない。

とにかくロッドを立てて耐える。
冷や冷やしていたら魚が沖へと走り出してくれた。
リールを巻いて距離を縮める。

足元まで寄せてきてようやく魚が見えた。
ルアーの両方のフックがエラのところにかかっている。
サイズの割に良く引いたのはそのせいだ。

そう思いながらさらにリールを巻く。
ようやく足元に浮いてきた魚を無事タモ入れした。

 

ハマチ

 

隣の方で竿を出していた常連さんも寄ってくる。

『40は超えとるな』
『そうですね』

 

ハマチ

 

計測すると46cm。
一応、ハマチと呼べるサイズだった。

この後、しばらくルアーを投げるも魚の反応はなし。
雨が降り出さないうちにと納竿しました。(^^)

 

使用タックル

ロッド
ダイワ モアザン ブランジーノ 109ML

リール
ダイワ 13セルテート 3012H

ライン
YGK よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.8号

リーダー
東レ スーパーL EX 5号

ヒットルアー
アイマ ソルトスキマー マサピンカラー

(※上の画像は玉砕カラーです)

“マサピン”というのは湾奥のカリスマこと村岡昌憲さんがプロデュースした
ピンクカラーのこと。確かソルトスキマーが発売された当初に限定カラーとして
出たもので、今は流通していないと思います。

沼島で77cmのサワラを釣らせてくれたのはこいつのピンクイワシカラー。
よく活躍してくれます。
ひとつ持っていて損はないと思いますよ。(^^)

4件のコメント

  • 週末にいっぺん行ってみようかな…
    まぁ私には何も起こらずに終わる可能性が
    多々ありますが…(汗)

    まぁ何も考えずにビッグバッカー投げるだけですから。。。(笑)
    もしくは弓角マウスかなぁ~~

    • ひで

      ぞえさん、こんにちは。(^^)
      朝一、単発ですが青物のボイルが出てますよ。

      夜明け直後~1時間くらいマウスを引いて、
      その後、ビッグバッカー投げるのがいいんじゃないでしょうか。

      もし来られるならご連絡くださいね~。(^^)

  • ひろ

    初めまして!今週末アジュールか大蔵海岸どちらかに初めて行ってみようかなと思い、青物釣果を検索してて偶然見つけました。
    今の時期ですとケンサキイカも釣れてるようなのでやっぱり釣場は大混雑でしょうか?まぁ1人で夜中に行く事になると思うんで、1人ぐらいなら入れるかとは思いますが…^^;

    • ひで

      ひろさん、初めまして。
      管理人のひでです。
      よろしくお願いします。(^^)

      週末は混雑するとは思いますが、
      アジュールよりは大蔵の方がましなんじゃないでしょうか。

      ケンサキ組は朝になると帰る人がいると思うので
      夜中に入ってそのまま朝の青物をやるなら
      スペースは見つけられると思いますよ。

      ぼくも週末はシーバスか青物をやろうと思っています。
      お互い頑張りましょう!(^^)

コメントを残す