大蔵海岸でトップゲーム マヒペン 107で48cmのチヌ!

マヒペン

2015年8月28日、シーバス&チヌ狙いで
大蔵海岸に出かけました。

この時季からはどちらのお魚も
迫力あるトップゲームが楽しめます。
ド派手なバイトシーンを是非とも見たいものです。(^^)

 

潮汐表

 

※『大阪湾海上交通センター』より

潮 ・・・大潮1日目
水温・・・24.2度
天気・・・晴れ
風 ・・・おだやか
時間・・・4時半~7時半

 

暗いうちはミノーでシーバスを狙おうと現地には4時半に到着。
仕掛けを準備し、先発ルアーにはタックルハウス ノード150F
ホロチャートバックを結んだ。

サヨリも回っていることだし、細長いシルエットが
ちょうどいいかなと思っての選択だ。
こいつを右に左に正面にと投げ分けていく。

しばらく投げているうちに徐々に東の空が白んできた。
ここでルアーをストームBOOTS 90 クラウンカラーにチェンジ。

まだトップを引くには暗すぎるが、でも水面を意識させたい。

BOOTSはスローに引けば水面に引き波を立てて泳いでくるルアー。
また、ここぞというところでショートジャークを入れると
ボシュッ!という音とともに泡をまといながら水面下にダイブする。

そんな泳ぎに期待してルアーを投げる。
真正面にフルキャストしたルアーを
てろてろと水面に泳がせてくる。

近くまで来ると引き波でルアーの位置がわかる。
手前15メートルあたりでリールを巻く手を止め、
ルアーを完全に浮かせた後に力強くショートジャークを入れる。

バシュッ!

いい音だ。
周りに魚がいればきっと気づいてくれるはず。
そんなことを思いながらルアーを投げ返す。

水面に引き波を立てながら泳いできたルアーにジャークを入れる。

ボシュッ!

そのまま足元まで水面を泳がせてくる。
ピックアップしようとした瞬間、手元にガツっときた。

えっ!?っと思って下を見ると魚が反転していくのが見えた。

喰うならもうちょっと早く喰えよ~!

そんなことを思いながらルアーをチェンジする。
一瞬だがハリ掛かりしたので同じルアーでは喰わないだろう。
結んだのはアイマ ソルトスキマー セグロカラー

沼島ではこいつのピンクイワシカラーで
77cmのサワラを釣らせてもらった。

フルキャストするとビックリするくらい飛んでいく。
まだそんなに明るくはないので、
沖目からゆっくりとルアーを動かしてくる。

手前20メートルくらいまでルアーが来た時、
ルアーの後ろで海面が盛り上がった。

ミスバイトだ。

さっきのルアーをついばむような喰い方といい、
ルアーの後ろに出るミスバイトといい、
チヌに間違いないだろう。

今度はしっかり食べてちょうだい!
とルアーを投げ返す。

今、ミスバイトがあったところまでルアーが来た時にまた水柱が立った。
今度はしっかりルアーを捕えている。
手元に一瞬重くなるバイトが伝わったがすぐに軽くなってしまった。

何やってんねん!

思わず独り言が出る。
とりあえず一瞬でもルアーに乗った感じなので、
またルアーチェンジすることに。

ゆっくり動かしているとはいえ、ペンシルで喰いきらないようなので
ここで一度ポッパーを試してみることに。
結んだのはタックルハウス フィードポッパー 100 クリアカラー

こいつをゆっくりとポッピングさせてみる。
しばらくやってみたがどうもポッパーには反応しないようだ。

そこでもう一度ペンシルに戻してみる。
今度はジップベイツフェイキードッグDS CWキャンディキャンディカラー
7cmのペンシルなのでチヌにはちょうどいいだろう。

もう完全に明るくなったのでやや早めのドッグウォークで動かしながら、
時々ストップを入れて喰う間を与えてやる。

岸と平行にルアーを投げ、手前の敷石沿いを引いてくると
ルアーへのアタックがあった。
確かにルアーのところで水柱が立ったが手元には何も伝わらない。

キ~~~っ!!

今度は正面にフルキャスト。
手前20メートルあたりで水柱が立つ。
が、ググッとくる手ごたえの後、フッと軽くなった。

これで5回目のミスバイト・・・。

ハリ掛かりしたのでまたルアーを変える。
結んだのはアイマ プガチョフコブラ ボラカラー

レッド中村さんプロデュースのルアーだが、
素晴らしい動きをするペンシルベイトだ。

その動きに惚れ込んで、バスプロの庄司潤さんも
バス用ルアーとして愛用している。

庄司さんによるとスキマーはパニックアクション、
プガチョフコブラは規則正しいドッグウォークで使うのがいいそうだ。

正面にフルキャストしたプガチョフコブラを
庄司さんの教えに沿って丁寧にドッグウォークさせてくる。

出ない。

今度は右方向にキャスト。
チョンチョンやっているとまたまたルアーの後ろで海面が盛り上がる。
ちょっとルアーを引くスピードを遅くすると、もう一度水柱が立った。

が、これまたミスバイト。
これで6回目・・・。

ここで気分を変えようと小移動。
(と言っても数十メートルほど横に移動しただけだが)

正面にルアーをフルキャストしてドッグウォークさせてくる。
手前まで引いてきてピックアップしようとした瞬間、
朝一とまったく同じように一瞬だけ手元にアタリが伝わった。

アッ!と思って下を見たが、ちょうど雲に太陽が隠れていたせいか、
魚の姿は確認できなかった。

これで7回目……。

ちょっとうんざりしながらルアーを投げ返す。
そろそろ魚の反応も渋くなってきた。

さすがにもうダメかな、と思っているとルアー目がけて水柱が立つ。
ハリ掛かりしたのとは違う、いかにも口にくわえただけというような
変な重さが手に伝わったが、やはりフッキングには至らない。

これで8回目………。

ええ加減にしてくれよ~!

そう思いながら一応ルアーをチェンジする。
選んだのはマングローブスタジオマヒペン 107 シラスパニックカラー
これでこの日の手持ちペンシルベイトはすべて使ってしまう。

なんとなく適当にルアーを投げてドッグウォークさせてくる。

右手の方でボラが跳ねたのを見ていると
バシュッ!という音がしたので思わずルアーの方を振り返る。
と同時に手元にアタリが伝わってきた。

軽くロッドを立てると魚が底へと潜っていく。

やっと乗ってくれたよ~。

そう呟きながら2度ほど追いアワセを入れる。
魚の引きはそんなにたいしたことはない。
じっと竿を立てているとゆっくりと浮いてきた。

チヌだ。

やっぱりチヌか~~。

シーバスや青物も出る場所なので
ロッドはモアザン ブランジーノ 109MLを使っていたが
チヌにはオーバースペックのようだ。

ようやく釣れた魚の引きを楽しむ間もなく
寄ってきた魚をタモ入れした。

 

チヌ

 

3度目の正直ならぬ、3の3倍の9度目の正直で
やっとの思いで釣れたチヌ君。
テールフックが3本とも口の中に入っていた。

(口からクリアーカラーのマヒペンが出ているのが分かるでしょうか?)

 

チヌ

 

計測してみると48cm、ジャスト1kg。
この大きさの割にはどのヒレもすり切れたりしておらずピンピン。
きれいな魚体のチヌだった。

計測した魚をまたタモに戻して海面でていねいにリリースし
しっかりと泳いでいくのを確認してこの日の釣りを終えました。

あ~、しんど!(^^;

 

使用タックル

ロッド
ダイワ モアザン ブランジーノ 109ML

リール
ダイワ 13セルテート 3012H

ライン
YGK よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.8号

リーダー
東レ スーパーL EX 5号

ヒットルアー
マングローブスタジオ マヒペン 107 シラスパニックカラー

残念ながらこのシラスパニックは生産中止カラー。
127mmサイズのシラスパニックは持っているのですが
107mmサイズのシラスパニックは持っていませんでした。

それがどういうわけか近くの某釣具店に突如として
ポツンと1個だけ陳列されているのを見つけ、
一発でバイトしてしまいました。(^^;

この夏、沼島で76cmのシーバスを釣らせてくれたのは
こいつのホロピンクカラーです。
ホント、いい働きしてくれますよ!(^^)

コメントを残す