沼島 汽船乗り場裏テトラ帯ポイント ブリットペンシルでシイラ!

ブリットペンシル

2015年8月14日、前々日にシオ&ツバスがトップで釣れた
沼島 汽船乗り場裏テトラ帯ポイント
再度エントリーしました。

タックルも前々日と同じシーバスタックル。
この日もトップゲーム中心でやるつもりです。(^^)

 

テトラ帯ポイント

 

潮 ・・・大潮2日目
水温・・・24度台
天気・・・晴れ
風 ・・・西のち北東の風少々
時間・・・5時半~7時

 

12日にこのテトラ帯でトップでシオ&ツバスを釣った後、
13日は泊波止赤灯台ポイントでショアジギングをしたが
釣れたのはエソ2匹だけだった。

 

エソ

 

どうも今年の沼島は(今年も?)汽船乗り場裏テトラ帯ポイントが
調子が良さそうに思う。

ただ、ここのテトラは整然と積まれたものではないので
暗いうちに入るのはちょっとためらわれる。
というわけでこの日も夜明けと同時にポイント入りした。

昨日は無風で絶好のトップ日和だったが、
この日はやや風があって海も少し波立っている。

細身のペンシルではちょっとアピールが足りないかなと思い、
タックルハウスブリットペンシル 120 ピンクバックカラーをチョイスした。

ブリットペンシルには120mm 33gサイズと140mm 48gサイズがあるが
シーバスタックルでも扱えることと、青物狙いの際には
マリアのローデッド140Fとのローテーションができることから
ぼくは120mmサイズを使っている。

こいつを沖に向けてフルキャスト。

前日のツバスが思いもかけないほどゆっくりした
スケーティングアクションで喰ってきたので
完全に明るくなるまでは同じようにゆっくりとした動きで始めた。

しばらくして完全に夜が明けてきたので
ここからダイビングアクションを織り交ぜていく。

やや波気があるのでそっと入水させてからジャークを加速させる。
“加速させる”というのがキモで、一定の速度でジャークすると
ダイブした後のS字アクション&ローリングアクションがおとなしくなってしまう。

グッとジャークを加速させることで
水面下に潜ったルアーがギラギラギラッと
激しくパニックアクションをしてくれる。

そんなことを考えながらフルキャストしたルアーをダイブさせてくる。
ルアーが10メートルほど進んだところで、ダイブさせたルアーの右側で
青緑色のものがスッとルアーの方に向かうのが視野の端に入った。

ん?なんだ?

そう思いながらもう一度ダイブさせたルアーに
その“青緑色のもの”が飛びかかるのが見えた。

そのままルアーが見えなくなったのでロッドを立てると
魚の引きが伝わってきた。

と思う間もなく魚がジャンプ!

シイラだ。

ジャンプした後は強烈に横走りする。
ドラグが鳴る。
ペンペンサイズだが引きはさすが万力だ。

またジャンプ!

今度は底に潜ろうとする。
それをロッドでためて浮かせると
目の前に来てまたジャンプ。

本当にシイラのファイトは楽しい。

足元に来ても右へ左へと走り回るシイラをじっくりと弱らせる。
抜き上げることができるサイズだが、テトラ帯なので丁寧にタモ入れした。

 

シイラ

 

後で計測すると47cmだった。

 

シイラ

 

非常に楽しいトップゲームを味わわせてくれた
ペンペンシイラに感謝しつつ、この日は納竿としました。(^^)

 

使用タックル

ロッド
ダイワ モアザン ブランジーノ 109ML

リール
ダイワ 13セルテート 3012H

ライン
YGK よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.8号

PEラインの進化はすごいものがありますね。
ぼくが初めてPEラインを使いだした頃は
シーバス用なら1.5号くらいが標準だったように思います。

それが1.2号になり1号になり、細く強くなるとともに
滑りも良く、コシもあるラインになって、
バックラッシュなんかもほとんどなくなってきました。

ただネックだったのはその値段。
8ブレイドとなると150メートルで5,000円近くしました。
これではそんなにホイホイと交換できるものではありません。

正直、ラインシステムを組み時も
できるだけ無駄な部分を出さないように気を付けたものです。

それがなんとこのYGK よつあみ G-soul X8 UPGRADEは
0.8号で16lbという強力を持ち、販売価格は3,000円を切っています。

またラパラからはラピノバ-X(4ブレイド)、オクタノヴァー8X(8ブレイド)、
ゴーセンからは剛戦X8ブレイド、剛戦ジギングX8(どちらも8ブレイド)など
驚異的な細さと強さを持ち、かつ低価格のPEラインが発売されています。

使ってみるまではいくら16lbあるとは言っても
0.8号という細さには不安がありましたが、
その不安は今回の沼島釣行で完全に消え去りました。

ラインが細いとルアーの飛距離もまるで違います。
ジグなどを沈めた場合もラインが受ける抵抗が違ってきます。
何より安いのがうれしい。

0.6号でも14lbありますから、一度使ってみてもいいかな~。(^^)

リーダー
東レ スーパーL EX 5号

ヒットルアー
タックルハウス コンタクト ブリットペンシル ピンクバックカラー

6件のコメント

  • ふるさとが沼島なのが羨ましいです。
    秋が深まるとアジもそうですが青物もデカくなりますね。
    ホンマに一度行ってみたいです。。。

    • ひで

      ぞえさん、こんにちは。(^^)

      ぼくもこの時季の沼島には毎週でも通いたいです。
      『行ってみたい…』と言わずに是非、行ってみてください。
      連絡いただければ御伴しますよ。(^^)

  • 杉山

    初めまして垂水在住の杉山と言います。8/13は友人と昼1から沼島に渡って赤灯台のところでジグ投げてました。朝から行ってたら会えていたかもしれないですね。
    普段はアジュールで釣りしてますが大蔵海岸にも一度釣行してみたいと思ってます。
    もしも出会うことがありましたらその時は宜しくです。

    沼島良いですね!この夏3回行きましたが大好きです!

    • ひで

      杉山さん、初めまして。
      管理人のひでです。(^^)

      そうですか、8/13に沼島に来られてたんですね。
      赤灯台というと海水浴場側の赤灯台でしょうか?
      昼一の時間は、ぼくは海水浴場で次男や甥っ子が泳ぐのを
      見ていた頃かも知れません。(^^ゞ

      定期船で渡ると朝一でも沼島到着が7時過ぎなのが痛いですよね。
      ぼくの場合、今年の夏の釣行で魚が釣れたのはすべて7時までの間です。
      (そこで止めるからそれ以降の釣れ具合がわからないだけなんですが・・・)

      その点、沼島に家があるというのは本当にありがたいことだと思います。
      杉山さんももしできるなら1泊して、
      夜明けの沼島の海で釣りをしてみてください。(^^)

      アジュールはぼくも何年か前に通ったことがあります。
      ただ東側のホテル前は混雑が激しいので
      結局、大蔵で空いているところを探しながらやってます。

      大蔵に来ることがあればご連絡くださいね。
      ぜひご一緒しましょう。(^^)

      • 杉山

        こんばんは、フェリー乗り場横の赤灯台です。
        この日は1度だけ小さいナブラが出ましたがものにできず結局丸坊主でした。
        前日入りは仕事と家庭の都合がつけばやる気満々ですよw

        • ひで

          杉山さん、こんにちは。(^^)
          泊波止の方の赤灯台だったんですね。

          あそこは足場が良いので暗いうちもシーバスが狙えるし
          夜が明けてからはトップやショアジギングができるので
          いいポイントですよね。

          この時季は夜に良型のタチウオが釣れだすので
          前日の夕方に入って夜は通しでタチウオ、
          翌朝一番にシーバス、青物狙いをするというのもいいと思いますよ。(^^)

コメントを残す