明石川でメッキ調査 ソルトスキマー他でメッキ&チビシーバス!

ソルトスキマー

2015年9月20日。
淡路などでは好調だと言われている
メッキの回遊調査に明石川に出かけました。

もちろんバイトの瞬間が見える
興奮のトップウォーターで狙います。(^^)

 

潮流表

 

※『大阪湾海上交通センター』より

 

潮 ・・・小潮2日目
水温・・・24.0度
天気・・・晴れ
風 ・・・北の風少々
時間・・・5時半~8時

 

メッキのトップゲームということで明石川には
辺りが明るくなってくる5時半に到着。

完全に明るくなるのを待って最初に結んだのは
アイマ ソルトスキマー ボラカラー

メッキ狙いに11cmのペンシル?と思われるかもわからないが
もしかしたらチヌやシーバスからの反応があるかもと思ってのチョイスだ。

こいつをフルキャストしたその第1投目。

沼島でサワラを釣った時のようにターン、ターン、ターンと
ゆっくり、大きく5回ほどスケーティングさせた時、
いきなり海面が爆発した。

ロッドを立てるとグングンと魚の引きが伝わってくる。
重量感はないが気持ちよくライトロッドを絞り込んでくれる。

フルキャストした先でかかったのでなかなかやり取りが楽しい。
結構な引きに、もしかしたら狙いのチヌか?と思いながらリールを巻く。

半分ほどまで来た時に水面に浮かんできた魚体がチラッと見えた。
白っぽい。

ん?キビレか?

そのままグリグリとリールを巻く。
途中から魚は完全に浮いてしまい、
水面を滑ってくる。

やっぱり白い。
まさかでっかいフグ?

などと思いながら、バレないように一気に引き寄せた魚は
なんと本命のメッキだった。

 

メッキ

 

尾びれの下葉が黄色く体高があるのでこいつはロウニンアジだ。

このあたりで釣れるメッキは主にロウニンアジとギンガメアジ。
ギンガメアジの尾びれは上下葉ともに後縁が黒い。
また体も少し細く、鰓ぶたの上に黒点があることで見分けがつく。

こいつは後で計ると19cmあった。
20cm近くなるとメッキの引きは一段と強くなる。

にしても11cmのペンシルに19cmのメッキが喰いつく。
さすがGTの子だけあって獰猛だ。

1投目から本命に出会えたことに気を良くして
すぐにルアーを投げ返す。

フルキャストしたルアーを半分ほど引いてきた時、
さっきよりもさらに派手な水しぶきが上がった。
が、カツンッとルアーに触っただけでこれはハリ掛かりしなかった。

ルアーに触ったのでここでルアーチェンジ。
アイマ プガチョフコブラ クルビット 潮見スパークルカラーを結ぶ。

クリアベースに細かいフレークを散らしたこのカラーは
一目見て“ビビッ”ときたカラーだ。(^^;

こいつを今、魚が出たライン上にキャストして引いてくる。
と、全く同じ場所でまた水面が爆発した。

今日はメッキ爆釣か!?

ほくそえみながらリールを巻く。
が、クンックンッと小気味のよい引きを見せてくれた魚は
残念ながらチビシーバスだった。

 

シーバス

 

写真を撮ってすぐにリリース。
ルアーを投げ返す。

チョンチョンチョンとドッグウォークさせているルアーの後ろで水柱があがる。
ミスバイトだ。

そのままルアーを引いているとまた水柱。
が、これもミスバイト。
ここでちょっとポーズを入れてみた。

ルアーが消える。
ロッドを立てると魚の手ごたえ。

ポーズ作戦大成功!

そう思いながらリールを巻いていたが
途中でフッと軽くなってしまった。

ここでまたルアーチェンジ。
結んだのはジップベイツ フェイキードッグDS
CW キャンディキャンディカラー

こいつをフルキャスト。
細かく首ふりをさせるが
リールはゆっくりと巻く。

と、体を全部空中にひるがえしながら
ルアー目がけてチビシーバスが飛びついた。
が、勢いがよすぎたのか、これはミスバイト。

朝マズメということもあるが、それにしても高活性のようだ。

そのままリールを巻き続けるとまた海面が爆発した。
今度はしっかりとハリ掛かりした。

 

シーバス

 

背びれをビンッと立ててカッコイイ。(^^ゞ

このころはもうワンキャスト・ワンヒット、
ワンキャスト・数チェイス状態。
めっちゃ楽しい!(^^ゞ

楽しいぞ~!と言いながらルアーを投げ返す。
魚からの答えはすぐに返ってきた。

 

シーバス

 

ちょっと小ましなサイズでよく引いてくれた。

すぐにフルキャスト。

水柱が立つ。

ミスバイトだ。

ポーズ。

身を翻して魚がルアーに襲い掛かる。
そのままルアーが水中に引き込まれ
手元にアタリが伝わる。

 

シーバス

 

次の魚は何度もルアーにアタックするもミスバイトの連続。
そのたびにポーズを入れ、ようやく喰わせたのがこいつ。

 

シーバス

 

自分と変わらない大きさのルアーに喰いつくとはよく言われるが、
7cmのペンシルに喰いついたこいつはルアーの方が大きいくらいだ。

さらに海面爆発は続く。

 

シーバス

 

楽しい!
楽しすぎる!!(^^;

しかし時計を見るとそろそろタイムアップ。
最後の1匹を、と思って投げたルアーに喰いついたのは
今日一番サイズだった。

 

シーバス

 

メッキが1匹だったのは残念だったが、数えきれないくらいの海面爆発と
ライトタックルでの魚の引きを堪能したことに大満足。
明石川を後にしたのでした。(^^)

 

使用タックル

ロッド
ダイワ ファントムVR 732LFS

リール
ダイワ ルビアス 3000

ライン
ラパラ ラピノヴァX 0.3号

リーダー
東レ スーパーL EX 1号

ヒットルアー
アイマ ソルトスキマー ボラカラー

アイマ プガチョフコブラ クルビット 潮見スパークルカラー

ジップベイツ フェイキードッグDS CW キャンディキャンディカラー

6件のコメント

  • Sin

    おつかれさまです (^^)

    けっこう大きなメッキいるんですね~
    しかし それだけヒットさせるとはさすがです!

    よく釣りともさんと同釣しますが、けっこう1匹長寸に拘る方が
    多いように思います。
    たしかに大物を取り込むまでは それなりの腕が必要なのですが
    私は大小問わず、数に拘っている釣り師なんです。

    いかに喰わせるか?に拘っていまして、これはエサ釣りの私と
    ルアーアングラーのひでさんも同じではないでしょうか?
    ひでさんの明石川釣行で魚の形態も勉強になります。

    これから河口で大型ヒラメの実績もありますので、楽しみです。
    で、ハゼの時期、終わりました~? 天ぷら食べたいもので(^^;

    • ひで

      Sinさん、こんばんは。(^^)

      周辺ではメッキの好釣果を伝え聞くので
      明石川でも期待しているところです。
      ライトタックルだといい引きで楽しませてくれます。(^^)

      一発大物か数釣りかというと、ぼくも昔は大物にこだわっていました。
      もちろん今も先日のマゴチのような記録魚が釣れればうれしいし、
      今日のような数釣りができるのもうれしいです。

      でも一番うれしいのはSinさんのおっしゃる通り、
      自分のこだわりの釣り方で釣れた時です。

      青物狙いなら、今日はトップオンリーでいこうとか、
      今日はミノーを試してみよう、今日はジグを、
      という感じです。

      さらにはトップの中でも今日はローデッドで、
      また違う日はブリットペンシルで、
      さらにさらに、同じローデッドでもカラーの違いで、等々。

      また、昨年にはぼくの中での青物用実績No.3の
      トップルアーを決めてここで発表したので、
      今年はそれ以外のトップもいろいろ試しています。

      そうやって試行錯誤しながら自分の狙い通りに
      魚が釣れた時が一番うれしいですね。(^^)

      ヒラメは明石川河口で釣った42cmが最高ですので
      ぜひ座布団級を釣ってみたいと思っています。(^^ゞ

      ハゼのてんぷらは、もとい(^^;、ハゼはこれからです。
      もうすぐ調査を予定していますので、
      釣れたらまた釣果アップしますね。(^^)

  • けい

    ひでさん はじめまして。

    大蔵海岸をホームにされていると言うことで、いつも更新を楽しみにしています。

    いつ見ても素晴らしい釣果で羨ましい限りです(>_<)

    今日もラムー裏で竿を出してましたが、連日のようにボウズで終わりなかなか釣果に結び付かずにいます。

    また、釣り場でお出会いできましたら、ぜひご教授いただけたらと思います。

    • ひで

      けいさん、はじめまして。
      管理人のひでです。
      よろしくお願いします。(^^)

      ブログ、見ていただいてありがとうございます。
      『いつ見ても素晴らしい釣果』のように見えるかもわかりませんが、
      それはきっと釣れた時だけブログにアップしているからです。(^^ゞ

      よくサンテレビのビッグフィッシングでオール阪神さんが
      『取材ではいつもよく釣れてるように見えるかもわからないけど
      それは1日通してやった釣りの中の釣れているときだけを
      10分ほどに編集しているからですよ』とおっしゃってるのと同じです。

      実際、ひたすらシーバスとフラットフィッシュだけを狙っていた時は
      95%以上はボーズの日々でした。(^^ゞ

      それはさておき。

      ルアーって1匹目が釣れるまでが長いんですよね。
      教授できるようなことは持ち合わせていませんが、
      ひとつだけ言えるとしたら『キープキャスティング』です。

      当たり前ですが、ルアーフィッシングは
      ルアーが海の中にないことには絶対に魚は釣れません。

      ボイルが起きるまで待とうとか、
      周囲の人が釣れたらルアーを投げようとか、
      疲れたからちょっと休憩しようとかしてたらダメです。

      ぼくはたいしたテクニックも理論も持ち合わせていませんが
      『しつこさ』だけは誰にも負けないつもりです。

      とにかく投げて巻く。

      潮止まりだろうが魚っ気がなかろうが
      釣り場にいる間中は休むことなく
      ひたすらルアーを投げてます。(^^ゞ

      あと、できれば一つの釣り場に通いこむのがいいと思います。
      ぼくのように大蔵と明石川だけというのもどうかと思いますが(^^;
      通いこむことでその釣り場の『クセ』が見えてきます。

      上げ潮の時にボイルがよく出る場所とか、
      下げ潮の時に潮のよれができる場所とか、
      潮が速くなると魚が入ってくる場所とか。

      そういうことが見えてくると
      それに対応した釣りもできるようになるし、
      当然釣果にも結び付くようになります。

      えらそうなことを書いてしまいましたが、
      けいさんもぜひ大蔵に通いこんで
      ひたすら『キープキャスティング』で大物を仕留めてください。

      その時はここでぜひご報告くださいね!(^^)

  • 杉山

    こんにちは、夜通しお仕事後の今朝に初大蔵行きました。
    お風呂屋さん裏でソルトスキマーのピンクイワシでツバスを掛けましたが強引に引っこ抜こうとした時に外れて逃がしちゃいました。
    ひでさんのブログを見て買ったソルトスキマーですがほんと良いですねこれ。
    明日も明け方ごろ行ってみようかと思っています。

    • ひで

      杉山さん、こんにちは。(^^)

      ソルトスキマー、いいでしょ。(^^ゞ
      13gなのにメチャクチャ飛ぶし、
      ゆっくり動かしたらまさに瀕死のカタクチイワシ。

      早めに動かしたら頭で水しぶきを飛ばして
      細身の割にアピールもバッチリです。

      しかし夜勤明けの初大蔵でのツバスのバラシは残念でしたね。
      トップで出るとそれだけでも楽しいですが、
      やっぱりちゃんと獲りたいですもんね。

      明日はぜひ釣りあげてくださいね!(^^)

コメントを残す