大蔵海岸でアオリイカの新子狙いのエギング!

エギ王Q

2014年10月8日。
大蔵海岸アオリイカの新子狙いでエギング釣行しました。

今月いっぱいくらいはアオリ君もぼくの相手を
してくれるだろうことを期待しています。(^^)

潮汐

※『大阪湾海上交通センター 潮流・潮汐情報』より

 
潮 ・・・満月の大潮2日目
水温・・・24.0度
天気・・・はれ
風 ・・・穏やか
時間・・・5時~7時半
 
前回の新子狙いでは暗いうちに釣れたので
この日も5時に現地着。

ヤマシタ エギ王Q 2.5号 ホワイト/夜光カラーからスタート。
軽く投げて手前の敷石あたりを中心に攻めていく。

少しずつ移動しながら探っていくがアオリ君からの応えはない。
ある程度行ったところでカラーをオレンジ/金に変更。
そのまま折り返してエギを投げていく。

出発地点まで帰ってきたところで東の空がやや白んできた。

エギを投げる。
大きく跳ね上げるようにしゃくる。
手前まで来たところで小さなしゃくりを3回。

しゃくりあげたところでそのままステイさせていると
竿先にグ~ンと重さが乗るようなアタリ。

軽く合わせるとロッドに重みが乗った。
リールを巻くと海面でプシューと墨を吐く音が聞こえる。
そのまま抜き上げたのはまだまだかわいい新子サイズ。

アオリイカ

サイズはともかく釣れてくれたことに感謝して
エギを投げ返す。

しばらくすると海の中も見えるようになってきた。
偏光をかけてアオリの姿を探すと
手前の敷石の上に何杯かのイカが確認できた。

よしよしと思い、エギを敷石の少し向こうに投げ入れる。
軽く5回しゃくりあげてフォールさせ、
イカにエギをアピールする。

敷石の上に乗るように軽くエギをシャクリ、
中層でステイさせていると
見えていたイカが興味を示して寄ってくる。

が、前回のように今にも抱き着こうという感じではない。

ここからカラーを変え、立ち位置を変え、
フリーフォールさせたり、敷石に乗せたりしたが
一定の距離を保ったまま、それ以上寄ってこようとはしない。

見えているだけに歯がゆいことこの上ないが
ぼくのテクニックではこの日のイカの食欲を
刺激することは最後までできなかった。

残念ながら薄暗いうちの1杯のみで
この日は納竿となりました。(^^)

 

使用タックル

ロッド

シマノ セフィア BB R S803M

リール

ダイワ セルテート 3000

ライン

ラパラ ラピノヴァX エギング 0.6号

リーダー

東レ スーパーL EX 2号

ヒットエギ

エギ王Q LIVE 2.5号

icon
icon

2件のコメント

  • DAN

    そろそろ大きくなってないのかなぁ…
    地元調査してみます♪

    • ひで

      DANさん、こんばんは。(^^)

      周りではキロ近いサイズが上がったという情報もあるんですけどね。
      サイズは確実にアップしてると思いますが
      ぼくの狙っているポイントはかわいいのが多いみたいです。

      でっかいの釣って報告してくださいね。(^^)

コメントを残す