明石川でライトゲーム! カンニバル49Sでチビシーバス!

カンニバル49S

2014年10月4日。
明石川にライトタックルでメッキ&チビシーバス狙いで釣行しました。

これから水温が下がって姿が見られなくなる前に
メッキ君と遊びたいものです。(^^)

潮汐

※『大阪湾海上交通センター 潮流・潮汐情報』より

 

潮 ・・・若潮
水温・・・24.5度
天気・・・曇り
風 ・・・北風強し
時間・・・5時半~8時

空が明るくなりかけた5時半に明石川着。

一昨日、大蔵でツバスを釣らせてくれた
タックルハウス フィードポッパー 7cm
パールバック・レッドベリーからスタートする。

左岸入口の階段を降りたところから、
ルアーを投げながら河口側へと下っていく。

が、魚からの反応は全くかえってこない。
若潮という潮回りの影響なのか、潮止まり前後ということなのか
それとも水温が急低下したのか。

いつもならこの時間くらいから元気いっぱいにジャンプを繰り返す
ボラの姿もまるで見られない。
川全体が静まり返っている印象だ。

河口部まで下り、ここでルアーをストーム
五目スプーンジグ 5g ブルーピンクに変更。
遠投して広く探っていく。

河口部を一通り探ったもののやはりアタリは無し。
ルアーをアイマ カーム 8cm 赤金に替え、
今度は上流へと戻りながらルアーを投げていく。

半分ほどまで戻ったあたりで北風がきつくなってきた。
シンキングペンシルではルアーの操作が思うようにできないので
ここでダーウィン カンニバル49S グリーンゴールドに。

小刻みなトゥィッチを入れながら探っていくと
ようやく足元でルアーを追ってくる魚の姿が確認できた。
群れではなかったのでメッキではないようだ。

ルアーを投げ返して誘いをかける。
トゥィッチを入れる竿先にクッと軽い重量感が乗った。

そのまま一気にリールを巻いて抜き上げたのは
かわいいチビシーバスだった。

シーバス

朝一よりも気温が上がってきた時間帯の方が
魚の活性も上がるのかもしれない。

これからがいい時間帯かも知れないな、と思うが、
この時点でもう時間切れ間近。

最後にもう一匹!
とルアーを投げ返していると、
またルアーの後ろをチェイスする魚の姿が見えた。

ルアーを投げる。
トゥィッチを入れながらリトリーブ。
クンッ!っと重さが乗る。

バレるなよ、と思いながらリールを巻き、
そのまま抜き上げたのは先ほどのチビよりも
さらに小さなチビチビシーバスだった。

シーバス

ここでタイムアップ。

メッキに会えなかったのは残念だったが
遊んでくれたチビシーバス君に感謝して
明石川を後にしました。(^^)

 

使用タックル

ロッド

シマノ ソアレ BB S706ULT

リール

ダイワ ルビアス 3000

ライン

ラパラ ラピノヴァX 0.3号

リーダー

東レ スーパーL EX 2号

ヒットルアー

ダーウィン カンニバル49S グリーンゴールド
ダーウィン カンニバル49S

4件のコメント

  • こば

    あれ…もしかして…

    違ってたら大変失礼ですが、本日の7時頃に30歳くらいの男性とお話しましたか?

    • ひで

      こばさん、こんばんは。(^^)

      「明石川は今日で2回目です」と言って
      ラパラのCD レッドヘッドを投げてらっしゃったのは
      やっぱりこばさんだったんでしょうか?

      なんとな~くそんな気はしたんですが・・・。

      「今日は退散します」と言って帰られた後、
      しばらくしてやっと釣れたんです。(^^ゞ

  • こば

    そうです、私です(^^)
    私も何となくひでさんかな?と思ったのですが、違ってたら恥ずかしいので聞けずにいました(笑)

    あの日はアドバイス通り、林崎漁港のシャローを攻めてアオリを1杯ゲットしてから明石川へ行きました!
    しかし北風が強く流れも早くて魚の反応も無しと、難しい釣りでしたね…
    それでもシーバスゲットとはお見事です(^^)

    • ひで

      こばさん、おはようございます。

      やっぱりそうでしたか。(^^ゞ
      今度会ったらぜひ一緒に竿を振りましょう。

      アオリゲット、おめでとうございます。
      今月いっぱいくらいはぼくみたいなエギング初心者にも相手をしてくれるので
      ぼくも頑張ります。

      >それでもシーバスゲットとはお見事です(^^)

      シーバスというにはちょっとサイズが・・・(^^;

コメントを残す